月☆流星忌 ~雪夏塚 第五話(その6)アップ


 今月は2日の月命日に大阪で大学の講義があったせいで、HPの更新が翌日にずれた。8年間、ずっと続けてきたリズムの調子が狂ってしまったようだ。お墓参りもずれた。

 大したことないように思うかもしれないが、結構、気合いが違うことが分かった。月命日を過ぎてしまうと、遅れることも気にならないのだ。

 月命日がこんな所でも区切りになっていたことに驚いた。

 今回の更新分では、始めから終わりまで綾華が泣きっぱなし。槙人と離れてしまう不安のせいだが、そのもとのもとに何かがありそう。最後にこんな思わせぶりが書かれている。

二人が捜索隊に保護されたのは、それから数分後だった。
 それは夢。
 幼いことの、槙人と綾華の想い出だった。
 夢に出てきた約束の想い出。
 槙人がそれを見たのは綾華の入院から十日目の朝だった。

 来月はまともな月命日になるので、月命日の内にきちんと更新をしよう。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA