思い出との邂逅


ほぼ2週間更新をしなかったら、大分アクセスが減った。やはり毎週更新をしていく必要がありそうだ。

この「思い出の邂逅」は難しいタイトルだが、内容はルナサ・プリズムリバーが昔亡くなったレイラと偶然(?)出遭う場面を描いたものだ。

季節は今。桜が散り、葉桜になったとき。

中段の「……レイラ」という台詞の前後が異常に空いているところはその邂逅の偶然性を強調するためのものか。
こうした書き方を他の作品でもよく見るが、東方創想話でのひとつの書き方だろうか。

それにしても異常に長い空白である。ご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA