月☆流星忌~Zephyr 最終章「分かたれた絆」(その2)アップ


 去年も桜の開花は遅かったですか、4月に入って一気に咲きました。今年はというと、4月に入って咲いたものの、皆、寒桜です。染井吉野はもうしばらくかかりそう。
それでも上野恩賜公園に行ったら、まだ咲いていないのに、蕾の下で、花見(?)をしている人たちを多く見ました。大寒桜が咲いている五條天神社は人で一杯でした。

 とても平和な光景でした。1年前にあんな大災害などなかったようです。私も今年は、なにごともなかったかのように第5章その2の部分をアップしました。前回から刺傷事件というちょっぴりサスペンスがかった展開になっていますが、今回は、「成羽」の正体がばれてしまいます。

「あの娘(こ)、茶髪の方な……中丸(なかまる)千早(ちはや)じゃねーか?」
「中丸千早?」
 どこかで聞いた名前だが思い出せず、結城は聞き返した。
「誰だ?それ」
 その問いに、橘はうんざりした顔を見せる。
「お前は……どうしてそう芸能方向に疎いんだ。中丸千早だよ!一昨年急に失踪して行方
不明になった、有名歌手の中丸千早だよ!」

 取材に来ていた記者が成羽は失踪した歌手の中丸千早というのです。中丸千早?、これって、オペラ歌手の中丸三千繪から取ったのか?!天馬流星君!

 謎が謎を呼び、ますますサスペンスチックになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA