流星忌~~雪夏塚 第3話(その3)


 7年経ちました。7年前の8月2日も同じようにとても暑かった。知らせを受けたとき、景色がモノクロになって、暑さも何も感じなかったことを覚えている。
 7年経って、暑い、と感じる。時は偉大だ。
 健保組合が、健康診断結果を毎年のグラフで表示してくれるサービスを始めたので、それを見ると、血圧、ヘモグロビン、γGTP、血糖値、中性脂肪などに異常が現れ、それが7年かけて元に戻って行く様子(元の木阿弥?)がよく分かる。
 悲嘆は体にも異常を及ぼすのだろう。私の場合のレジリエンスは時間でいえば7年だということだ。

 レジリエンスに取り組む人たちには、こうしたことも知ってもらいたい。何か事があったときに強く、しなやかには痛みが伴うと言うことを。

 さて、満7年の流星忌(祥月命日)のHPの更新は、相変わらず、雪夏塚の継続だ。綾華と槙人の買い物風景だが、こんなところにふと目がとまった流星忌でした。

空は夏の快晴。しかし、屶瀬島の上空だけには、まだ厚い雲が立ちこめていた。

まだまだ先は長い。暫くお付き合いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA