2004年9月4日 あばよ礼文、よろしく旭川


あばよ礼文島

2004年9月4日(土) 12日目 日本のインド。桃岩荘YH。宿で盛大に見送られ、港へと出発。昨日のダメージは脚に残り、皆ぶうぶう言いながら歩いて行った。

盛大な見送り

盛大な見送り

そして港でもまたえらく盛り上がる見送り。俺は2つ目の便で行くので、先行する人達を見送った。宿での歌と踊りがオンパレード。3回目ともなるとけっこう慣れてきて、やってて面白い。
その後が俺。人数はだいぶ減ったが、それでもユースの人達は元気に見送ってくれた。

あばよ、礼文島。

礼文島の港での見送り

礼文島の港での見送り

しかし、俺がそこで思ったのは、やっぱり小笠原の見送りは日本一だな、だった。歌あり踊りあり太鼓あり。飛び込み追っかけ多数あり。規模が違いすぎる。泣ける別れは、きっとここにあるのだろう。
数人の桃岩組とともに船。途中利尻に寄って、2人が降りていった。web以外ではもう会うことはないんだろうなあ。 1時間ほど眠って稚内。

あばよ、礼文島

あばよ、礼文島

本当はここから特急で旭川だったのだが、関西人のオネーサン2人に言われ、計4人でレンタカーで行くことにした。その方が安いから。運転してみるかと言われ、全力で拒否。まだ死にたくない。でもあの、お願いだから両手で運転して。 国道40号をひたすら南下する。彼女らは牛の乳しぼりがやりたかったようだが、牧場に入る道が突然現れるので入れず、結局スルー。中川でメシ食ったけど、スタンプラリー以外は特に何もしなかった。食事処美鈴とかあったけど。

結果的に今日も移動日となって旭川へ。駅前で3人と別れ、バスでユースへ。神居7条17丁目で降りるのだが、アナウンスにそんなところは存在しない。伊の沢で降りましょう、皆さん。危うく見逃すとこだった。
メシ、フロ、洗濯。今とても眠い。早寝早起き当たり前だったからなあ。
明日どうしようか考えながら寝ることにする。


Leave a Reply

CAPTCHA