ヒトガタの想い 第三話アップ


まもなく仲秋の名月
まもなく仲秋の名月

  ――ガギン(……?)
 妙な音が聞こえたので、私は目を覚ました。本当は眠らなくてもいいんだけど、私の起動できる総時間、つまり生き物でいう寿命は決まっているから、夜休むときなんかは意識を止めている。
 って、考えるのはそこじゃなったわ。何かしら、今の音。金属の歯車が噛み合ったような、重厚な音だったけど。

 何となく、月命日に更新している。
 季節は秋。ちょうど仲秋の名月が中天にかかる時期だ。カグヤ姫の話がちょうどピッタリである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA